歩行帯

2018年10月17日

リスクアセスメント委員会の活動で、工場内の歩行帯の拡張をしました。

クルマやフォークリフトという危険源とヒトをできるだけ分離する事で、事故のリスクを低減する事が目的です。

安全は作業の入り口です。その他にも様々な安全に関する活動を継続中です。

お問い合わせ

どうぞ、お気軽にご連絡ください。